計画倒産 再び!

計画倒産 再び!

ファイナンシャルプランナーのマネブロです。

今回は先週あったニュースについてお伝えします。

先週月曜日は「成人の日」でした。
街中や電車などで晴れ着を着た新成人を多く見かけた日でした。
 

そんなお祝いムードの中、振袖の販売や着付けなどを扱う「はれのひ株式会社」が
成人式当日に突如休業、事業停止状態になりました。
 
当日の振袖の受取・着付けなどを予定していた新成人の方が着物が受け取れず
着付けもできない状況が全国で相次ぎました。

状況を考えると、計画倒産と思われます。

これに似た昨年3月に起こったニュースを思い出した方もいいらっしゃるかと思います。
格安旅行会社「てるみくらぶ」の事件です。

旅行ツアーを申し込んだものの、先にてるみくらぶに支払っていた航空券やホテルの代金が
実際に支払われておらず、現地に到着してから被害を知った方もいて大騒ぎになりました。
 

いずれのケースも実際問題が表面化してから、「取引先への支払いが遅れていた」「財務状況が悪くなっていた」
などの倒産する兆候があったことが取り上げられていましたが、なかなか消費者の立場で気づくことは難しいです。
 

ただし、この二つの事件の共通点を見ると未然にこういった被害を防ぐポイントがいくつかあります。

まず、「現金支払いなら料金割引」というセールスです。
どちらの会社も現金支払いで料金を割引するという話を直前に連絡していました。
資金繰りが厳しくなっている典型的なパターンですね。

特に直前の連絡となればかなり不審な点なので、支払いを思いとどまることができたかもしれません。

また、先に事件が起こり、対応が進んでいるてるみくらぶ被害者の例を見ると
クレジットカード会社によっては引き落としされた旅行代金が返金されているようです。

これはクレジットカードの規定上、実際のサービスが提供されていない以上
クレジット代金の支払いはできないとカード会社に申し出ることができるためです。
 
同様のケースで必ずしも返金があるとは限りませんが、クレジットカードでの支払いは
お得なポイントが貯まることもあり、活用次第では便利な仕組みになります。
 
まとめると

①急な現金払の要請には要注意!
②クレジットカードをうまく活用する

ことがポイントになりそうです。

今回の事件に対し、はれのひへの集団訴訟などもあるかと思いますが
すでに起こってしまったことに対しては打てる手も限られています。

旅行も成人式も、人生の中での大切なイベントです。
その他多くのライフイベントに対してベストな提案・サポートを
今後もさせていただきますのでよろしくお願い致します。